浄土真宗本願寺派 安芸教区 安芸北組

  • 文字サイズ

安芸北組のお寺のご紹介

東岸山 西林寺

毎朝7時からお晨朝(勤行と法話)が勤まります。また、毎月のようにご法話を聞く法座が開かれています。生きることの意味が不透明で、苦悩の渦巻く現代こそ、み教えに我が人生と「いのち」のありようを問い訪ねずにはおれません。忙しさの中に大切なものを忘れていませんか?亡き人の思いを訪ね、自身と向き合うひと時を持ちましょう。どなたでもお気軽にご参拝ください。
安芸教区布教団のHP、もしくは、「西林寺iタウンページ」をご参照ください。

大瀛和上ゆかりのお寺

〔縁   起〕

応永2(1395)年、孝霊天皇の末裔、伊予国高縄郡風早の城主、河野四郎越智通信の末裔で真言宗の僧、霊巌がこの地にお堂を建立し、塔半寺を開創したことに始まります。その後、文禄4(1595)年、道羽の時代に浄土真宗に改宗。慶安3(1650)年、道明の時代に寺地移転し、寺号を「西林寺」と改称。元禄元(1688)、存立の時代に現在地に移転しました。

〔大瀛和上と普厳勧学〕

今から200年前に当山の住職、普厳は本願寺の危機といわれた「三業惑乱」のとき活躍された大瀛和上に最も信頼を寄せられた直弟子でした。普厳は和上没後、本願寺の最高学位である勧学を拝命し、安芸の地のみならず、宗門の仏法弘通に尽くされました。当山には大瀛和上の墓碑並びにその遺書の多くが散逸することなく残っております。

東岸山 西林寺

広島県安芸郡坂町坂東3丁目14-17 
TEL:082-885-0018 
FAX:082-820-1800
最寄駅からのアクセス
JR坂駅から車で5分、徒歩15分

先頭へ戻る